失敗しない子どもの教育

教育情報最前線

家庭教師の利点・欠点と選ぶ際のポイント

家庭教師の利点・欠点と選ぶ際のポイントについて、説明します。まず、家庭教師の利点は、4つあります。
1つ目は、子供自身のペースに合わせて教えてもらえること、です。学校や学習塾とは違い、先生がマンツウマンで指導するので、分からない箇所に重点を置いて、詳しく教えてもらえます。それゆえ、苦手教科克服、勉強の習慣付け、受験対策に効果を発揮します。
2つ目は、時間の融通が利くこと、です。家庭教師の場合、曜日や時間帯の指定ができるからです。
3つ目は、自宅での学習なので、通塾中の犯罪に遭う心配がないこと、です。
4つ目は、子供の学習進度などが容易にわかること、です。家庭教師と親御さんとで、緊密なコミュニケーションを図れるからです。

一方で、家庭教師の欠点としては、3つ挙げられます。
1つ目は、授業料が高額なこと、です。
2つ目は、子供の学力の客観的判断が難しいこと、です。例えば、受験対策が目的であるなら、家庭教師以外に、大きな模擬試験を受けること、なども必要です。
3つ目は、子供の競争意識が育ち難いこと、です。他の子供と競い合うことが出来ないからです。

次に、家庭教師を選ぶ際のポイントについて、説明します。まず、お子様の学力に合った家庭教師で、理解できていない点をお子様に正直に伝えてくれる教師を、選ぶ様にしましょう。通常、全ての内容を、短時間でお子様に理解させることは出来ません。理解できていない箇所を、お子様に正直に伝え、その箇所に関する宿題を出してくれる教師が望ましいのです。また、お子様との相性が良い家庭教師を、選ぶようにしたいものです。なぜなら、どんなに優秀な家庭教師であっても、お子様と相性が悪い場合、勉強の成果は上がらないからです。また、お子様にとって、教師の教え方が分かり易いことも大事な点です。さらに、親御さんの希望を聞いて、教える内容などに関して、臨機応変に対応できる家庭教師が望ましい、と言えるでしょう。

Comments are closed.